肩こり腰痛でお悩みの方へ、痛みの原因解明や、理学療法の解説、痛み解消のポイントなどをお伝えします。
完全解明!坐骨神経痛 肩痛調査隊が行く! 探索!腰痛の仕組み 膝痛のメカニズムとは 自律神経を整える秘策 当社の治療器ラインナップ
よくある質問とその回答 お客様からの嬉しいお便り お問合せフォーム 会社概要 特定商法に基づく表記 肩こり・腰痛・体の痛み解明/マルタカ・エンタープライズホームページへ
肩こり・腰痛をはじめとしたあらゆる痛みと神経性疾患には、深く密度の濃い理学療法が必要です
肩痛調査隊が行く!突然襲ってくる「肩の痛み」といえば五十肩です
一般的に、40歳から50歳前後に掛けてある日突然激しい痛みが走り、肩が動かせなくなる症状を五十肩と呼んでいます。これを正確には「肩関節周囲炎」と言いますが、この症状は悲しいかな一種の老化現象で、怖い動脈硬化症の初期症状とも考えられています。
 この五十肩のはっきりとした原因は不明ですが、発症のメカニズムは肩やその周辺筋肉、腱に乳酸などの疲労物質が溜まり、肩関節を構成する骨、軟骨、関節包、回旋筋腱板など諸組織の加齢的変化を背景として、小外傷による組織損傷、肩峰下滑液包炎、上腕二頭筋腱鞘炎などの炎症を引き金として発症します。
 症状は思いの外辛く、激しい痛みや運動障害を伴います。重度の場合は、自分で衣服を着脱できなくなったりする場合もあります。
またその後は症状が軽快していきます。ただ自然軽快の経過を辿るといっても、疼痛期から拘縮期にいたる過程で適切な治療を行うか否かで、五十肩の終末像にかなりの開きが出てしまうのも五十肩の大きな特徴です。

まだ完全解明されていない肩こりのメカニズム
肩こりのメカニズムを詳しく調べていくとその原因は、肩を動かす組織のひとつである腱板に突き当たります。
腱板が老化によって硬くなると伸び縮みしにくくなり、骨と腱板が当たりやすくなってしまうのです。しかし今のところこれ以上、五十肩を引き起こす原因の方がはっきりしていないので、確実な予防はできません。
 しかし両肩同時に発症することはまずないことから、生活の中で片側に過度の負担をかけるような作業を、極力避けることによってある程度予防できます。


慢性的な肩こりでお悩みの肩は多いはず
肩こりは、首すじから肩甲部の筋肉が張りと鈍痛を伴う状態です。 不快な感覚と共に時には、頭痛や吐き気を合併する場合があるほど深刻です。肩こり年齢は小児を除くあらゆる年齢層に認められ、男女の肩こりを比べた場合は女性の肩こりが多いと言われています。
 こうした肩こりの原因は、過労、不良姿勢、精神的緊張などを誘引として起こる肩こりと、変形性頚椎症、胸郭出口症候群、高血圧、眼精疲労、自律神経失調症、更年期障害などの疾患に伴い発症する肩こりがあります。
 一方、今日では慢性的な肩こりや頭痛、不眠症を抱える人が増加中と言われていますが、そもそも首から上には人間の機能の中でも特に重要な感覚器が集まっていることから目や耳、鼻、歯などの病気が肩こりを引き起こすということも考えられます。
皆さんで思い当たることがあるなら、専門医の診断を受けてください。 さらに左肩から肺や胃の辺りが痛む場合は心臓の病気。右肩から右肩甲骨に掛けて痛む場合は肝臓・胆のうの病気も疑われます。加えて、肩こりは内臓の病気による場合もありますので軽く考えず充分な注意が必要です

辛い肩こりには電子による外部治療も有効です
それ以外の基本的な肩こり症状で考えられるのは姿勢です。
姿勢の悪さ、また同じ姿勢を長時間続けることによって起こるもの。またストレスによって自律神経のバランスが崩れ、血管が収縮して発症することもありますし、OA仕事などで日常的に目を酷使している人にも肩こり症は多いとも言われています。

 しかし病院では原因が特定され難く、効果的な治療は難しいのが現状です。
ちなみに肩こり解決策としてはストレッチや、マッサージ、お風呂で暖めるなど、まず血行を良くすることが効果的です。また普段から過度なストレスを避け、正しい姿勢や適度な運動をすることが一番理想的な解消への道でしょう。
 元来肩こりの大部分は、交感神経の過緊張に付随して起こる血液循環障害によるものですから、肩こりを感じたらリラックスすると共に頚、肩の運動を通して血行をよくするようにしてください。

 それと肩こり治療には、家庭で毎日励行する電子治療も有効です。
その代表的なものには
ハーモツイン、スクランブルウェーブ、セルウォームDXなどがあります。
  電子治療器の詳細はこちら

探索!腰痛の仕組み
腰痛には複合的な要因が含まれている可能性があります
腰痛症は皮肉な様ですが、人類が二足歩行になって以来の宿命的疾患です。

腰痛の原因には、骨代謝異常、外傷、炎症、腫瘍、内臓疾患の関連痛などがあり、腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、椎間関節性腰痛、脊椎骨粗鬆症など多彩です。
外傷性腰痛には椎体圧迫骨折、椎体横突起骨折、腰椎捻挫。炎症性腰痛には、化膿性脊椎炎、強直性脊椎炎、結核性脊椎炎。腫瘍による腰痛には血管腫、骨髄腫、悪性腫瘍の脊椎転移などによるものがあります。

 これら多彩な原因がある腰痛は、それを起こしている原因疾患の特定が最も重要です。なかでも特に厄介なのはヘルニアで、腰を支える椎間板が何らかの原因により支えることができなくなって外へ押しつぶされるように飛び出てしまい、脊髄を通る神経へ接触することで痛みが走る症状です。

 同様に厄介な腰痛にはぎっくり腰があります。ぎっくり腰は腰痛症の中で急性発症するものの総称です。症状は腰部の筋肉、筋膜、靭帯、椎間板、椎間関節の障害により起こります。これらは椎間板ヘルニアの初発症状であったり、椎間関節捻挫、腰背筋断裂、脊柱靭帯断裂と診断されることもある程深刻なものです。そうでない腰痛でも、複合的な要因が含まれている可能性があることから、軽い腰痛に関しても原因をしっかりとつかんでおくことが大切なことです。
そもそも人間の体は、首から腰まで24個の椎骨が積み重なってできています。 このひとつの椎骨の間には椎間板があり、椎骨にかかる圧力を吸収分散させる構造になっています。背骨の腰の部分にあたる腰椎は、人間が二本足で立って動く時の基点で、第四腰椎と第五腰椎の二つの椎骨には体重の80%が集中します。

そんな腰椎と骨盤は節肉や靭帯で守られています。このため体の前面を支える腹筋や背面を支える背筋が衰えると筋力のバランスが崩れて腰痛が起き易くなります。 ちなみに一般的な腰痛の原因は、長時間にわたる悪い姿勢が大きな要因です。 例えば寝転がって本を読む。肘をついてテレビを見るなどの不自然な姿勢が腰痛の原因になります。
また太った人は重心を取るために後ろに反り返った姿勢になることから腰痛になり易いようです。

 従って腰痛予防には、日常生活で姿勢に気をつけること。加えて適度な歩行運動は筋肉を鍛えられることからでも腰痛予防になります。 歩幅をいつもよりも広く取り、1日10分程度歩くだけでも効果があります。

 外的予防では、電子治療は深部浸透性に優れ、筋組織及び神経根まで通電し刺激するので従来の治療器ではできなかった深部治療効果があります。治療後、長時間にわたり治療感が持続し慢性や急性の痛みに著しい鎮痛効果を発揮します。
長時間にわたる悪い姿勢は腰痛の原因になります
電子治療器の詳細はこちら
   
株式会社マルタカ・エンタープライズ
東京都港区芝大門2-12-9 浜松町SSビル3F
TEL:03-3433-3051、FAX:03-3433-8855
E-mail:info@marutaka-mep.co.jp